未経験歓迎 資格なし可 新卒歓迎 経験者優遇 日払い・週払い ブランク可 給与高め 交通費支給 日勤のみ可能 夜勤のみ可能 中高年者歓迎 4週8休以上(または週休2日以上)

派遣有料老人ホームの介護スタッフ

求人番号 0000006 

介護業務全般
食事・入浴・排泄介助、レクリエーション、移乗、通院付添、他 

施設概要
TVCMでおなじみの有料老人ホームです。
全国に94施設の実績と信頼のある施設です。 
所在地(都道府県)
東京都 
所在地(市区町村)
羽村市栄町 
雇用形態
派遣 
勤務形態
常勤、早番、日勤、遅番、夜勤 
施設形態
介護付有料老人ホーム 
こだわり条件
未経験歓迎、資格なし可、新卒歓迎、経験者優遇、日払い・週払い、ブランク可、給与高め、交通費支給、日勤のみ可能、夜勤のみ可能、中高年者歓迎、4週8休以上(または週休2日以上) 
アクセス
JR青梅線 小作駅 徒歩18分 
職種・資格
介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士 
給与
時給:1250円~1400円
交通費:全額支給 
勤務曜日・時間
早番:07:00~16:30(休憩60分)
日勤:08:30~17:30(休憩60分)
遅番:10:30~19:30(休憩60分)
夜勤:16:00~翌09:00(休憩120分)

 
休日・休暇
4週9休  
待遇・福利厚生
各種社会保険完備
有給休暇 
求人一覧へ戻る

条件を変えて再検索

×
介護付有料老人ホーム
民間事業者(株式会社や医療法人など)が運営する、高齢者のための介護施設を「有料老人ホーム」といい、その中でも行政から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設を「介護付有料老人ホーム」といいます。食事・入浴・排泄などの介護サービスが受けられる他、レクリエーションや設備面などのサービスも充実しています。
介護に関わる家族の負担を大幅に軽減することができます。
「介護付有料老人ホーム」の入居条件は、自立または要支援1から入居可能な「混合型」と、要介護1以上限定の「介護専用型」があり、受け入れの幅が広いため、特別養護老人ホームよりも比較的速やかに入居することができます。
サ付き高齢者住宅
居室の広さや設備と、バリアフリー構造に関して明確な基準が設けられており、安否確認と生活相談サービスが義務付けられています。
介護が必要な場合は、訪問介護などの介護サービスを利用することになります。医療依存度や介護度が重度化した場合は退去となる場合があります。
特別養護老人ホーム
社会福祉法人や地方公共団体が運営母体となっている公的な介護施設で、「特養(とくよう)」とも呼ばれています。自宅での介護が困難で介護度が重い人から優先的に入居となり、介護に関わる家族の負担を大幅に軽減することができます。入居条件は原則として要介護3以上となっています。
また、利用料が低額であるため入居待機者も多く、厚生労働省の発表では、全国で約36万人が入居待ちの状態となっています(2016年時点)。
介護老人保健施設
入院治療は不要ながら、自宅での生活が困難な要介護者が、在宅復帰を目指すための施設です。「老健(ろうけん)」とも呼ばれています。
医学的管理下における介護や機能訓練が受けられます。
あくまでも在宅復帰を目的としているため、原則長期利用はできません。
グループホーム
認知症と診断された人が、少人数で共同生活をするための施設です。
入居者の能力に応じて家事などを分担し、自立した生活をおくります。医療依存度や介護度が重度化した場合は退去となる場合があります。
デイサービス
日中に日帰りで、入浴・食事・レクリエーション等のサービスが受けられるセンターへ通う形式の介護サービスです。「デイサービス」とも呼ばれています。
日中は、家族による介護の負担を軽減することができます。
小規模多機能
「小規模多機能型居宅介護」とは、要介護認定を受けた高齢者の方が、住み慣れた地域の中で安心して暮らせるように創設された、介護保険制度の中の地域密着型サービスのひとつです。
施設に利用登録いただき、在宅で生活している要介護認定を受けた高齢者の方々が「通ったり」「スタッフが訪問したり」「泊まったり」する事が出来るサービスです。
ショートステイ
在宅介護中の高齢者の心身の状況や病状に合わせて、介護する方の介護負担軽減や一時的に介護ができない場合の介護をする目的で、短期間施設に入所し、日常生活全般の介護を受けることができるサービスのことです。
障がい者施設
障害者の方に対し、夜間に「施設入所支援」を行うとともに、昼間に「生活介護」、「自立訓練」又は「就労移行支援」を行う施設です。
訪問介護サービス
みなれた自宅にいながらにして受けられる介護サービスです。ホームヘルパーが自宅に訪問し、食事や排泄等のサポートを行います。サービスの内容は、ケアプランと呼ばれる介護サービスの計画書に基づいて決められます。
しかし、ホームヘルパーは常に自宅にいるわけではありませんので、家族による介護も必要となります。また、医療依存度や介護度が重度化した場合は自宅での対応が困難な場合があります。