看護の派遣・転職のお役立ちコラム

【看護】看護師さんの転職

2020/10/01

転職を考えている人へ

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

「12月の賞与をもらったら退職しよう」・・・そう考えている方もいるでしょう。12月に退職するためには11月下旬には退職願を提出するのが通常でしょう。それまでに次の職場を探すとなると10月から転職活動を始めておくことが大事です。

■転職の際に気をつけること
転職活動を行う際にどんなことに気をつけると良いのでしょう。

【休日数】
年間休日を比較しましょう。同じ給与でも働く日数が少ない方が給与を1日に割り返した場合、待遇が良くなります。想定年収を休日数で割ってみましょう。

【給与の内訳】
給与の内訳をしましょう。給与の総額が30万だとします。A病院は基本給が13万円、職能給が5万、資格手当が5万円、調整手当が2万円だとします。B病院は基本給が25万、資格手当が5万円だとします。ともに年間の賞与が基本給の4か月分の場合、A病院は52万、B病院は100万です。同様に手当額の違いが年収の差になることがあります。

【みなし残業の有無】
給与にみなし残業がついている場合もあります。みなし残業とは○時間分の時間外勤務が給与に含まれていることです。もし「40時間分のみなし残業分を含む」場合、毎日2時間の残業代が含まれていることとなります。もしかしたら毎日2時間の残業があるのかもしれません。

【研修制度の有無】
新しい職場でスキルアップも図りたいという考えのある方は、「研修制度あり」だけの言葉にくいつかないようにしましょう。どのような研修があるのか、自分が得たいスキルや資格取得の支援をしてもらえるのかなどをしっかりと確認をしましょう。勤務で行けるが費用は自分持ち、費用は病院持ちだが休みの日に、勤務扱いで費用も病院持ち、医療機関によって考え方は違います。

■まずは情報収集から
転職する場合は慌てずに、情報収集を行いましょう。自分自身がなんのために転職するのか、何を優先して職場を選ぶのかを整理して、それを満たす職場の情報を集めましょう。
紹介会社を使うのも一つの方法です。自分の転職条件をはっきりと伝え、それに合った職場を探してもらうというのも良いでしょう。

働きやすい職場の大事な要件として「人間関係の良さ」があります。離職率を気にしてみるのもよいかもしれません。

************************************
看護助手の方、これから看護業界を目指したいという方など、今年こそは看護職デビューをしたい!という方は、看護One+ コチラから登録を!
看護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499