看護の派遣・転職のお役立ちコラム

【看護】災害支援ナース

2020/08/27

災害支援ナースとは?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

看護職能団体の一員として、被災した看護職の心身の負担を軽減し支えるよう努めるとともに、被災者が健康レベルを維持できるように、被災地で適切な医療・看護を提供する役割を担う看護職のことです。都道府県看護協会に登録されていて、2019年3月末時点登録者数は9,822名います。

■災害支援ナース派遣の仕組み
大規模自然災害発生時には、災害の規模などに応じて「レベル1・2・3」に区分し、災害レベルごとに定められた方法で災害支援ナースの派遣調整が行われます。

■災害支援ナースになるには
災害支援ナースに登録するための要件は以下の通りです。
・都道府県看護協会の会員であること。
・実務経験年数が5年以上であること。
・所属施設がある場合には、登録に関する所属長の承諾があること。
・災害支援ナース養成のための研修を受講していること。

また、災害支援ナースとして登録する際に望ましい条件は、以下の通りです。
・定期的(1年に1回程度)に本会または都道府県看護協会で開催する災害看護研修もしくは合同防災訓練への参加が可能であること。
・災害看護支援活動も補償の対象に含まれる賠償責任保険制度に加入していること。
・帰還後に都道府県看護協会が主催する報告会・交流会などへの参加が可能であること。

■他のボランティアとの連携も大切
職能団体のよるボランティアは被災地にとってとても心強いものです。看護師によるボランティアは、生命・健康といったとても大事な部分を占めています。だからこそ被災された方々を支える他のボランティアとの連携は重要になります。

************************************
看護助手の方、これから看護業界を目指したいという方など、今年こそは看護職デビューをしたい!という方は、看護One+ コチラから登録を!
看護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499