看護の派遣・転職のお役立ちコラム

【看護】保育園で働く看護師さん

2020/06/25

保育園にも看護師さん!?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

保育園は保育士さんの活躍の場です。しかし、保育園には看護師さんもいます。保育園の看護師さんはどんなことをしているのでしょう。

■園児の健康管理を行う大事な役目
小さい子どもは、突然の発熱や下痢などがみられたり、思わぬ(想像通りということもありますが)ケガをしたりということがあります。保育士さんでは判断に困るときも多くあるので、看護師さんがいるととても安心です。
園児の体調や発達などについての相談を受けることもあります。医師ではないので診断はしませんが、「話を聴いてほしい」という保護者もいます。そんな時に活躍することもあります。

■病気中も預かってくれる!!
保育園によっては、園児が病気になっても預かってくれる保育園があります。
「病児保育」とは・・・保育園に通っている子どもが病気になっても、親が仕事を休めない時に親に変わって病気の子どもを預かるサービスのことです。
「病後児保育」とは・・・病気は治っているものの、まだ本来の状態に戻っておらず、普通の保育を受けるのが厳しい回復期の子どもを預かるサービスのことです。

厚生労働省の「乳幼児健康支援一時預かり事業」という制度で、基本的には回復期の「病後児」を対象にしていますが、中には「病児」についても条件付きで見てもらえる施設があります。どこの保育園でも行っているわけではありませんが、働く保護者にはとてもありがたいサービスです。

病児・病後児保育を行っている保育園は、全国的に施設は増えつつありますが、実際にそこで預かれる子供の人数はかなり限られています。また、利用する際には医師の診断なども必要なため、利用しにくいと
いう意見もあるようです。

■看護師さんの悩み
保育園に保育士さんがいることはとても意味があると思いますが、実際に働く看護師さんには悩みがあるようです。
病児・病後児の園児が毎日いるわけではなく、発熱やケガなどの園児が毎日いるわけではありません。普段は保育士さんと一緒に保育に入ることがあります。保育士さんの補助という雰囲気ならまだ良いのですが、下働きという雰囲気の保育園もあるようで、そのような保育園で働く看護師さんは自分自身の存在に疑問を持ち、退職してしまうことがあるようです。

■やる気の源は「笑顔」
色々なことがあっても保育園で働くのは楽しいとも聞きます。それは、園児のたくさんの笑顔を見ることができるからだそうです。子ども達の笑顔は元気の源ですね!!

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499