看護の派遣・転職のお役立ちコラム

【看護】医療ボランティアの報酬は?

2020/01/16

いよいよオリンピック・パラリンピックイヤー!!

***未経験・無資格からの看護のお仕事探しなら 看護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

7月24日には東京オリンピックが、8月25日には東京パラリンピックが開催されます。観戦チケットを申し込んで当たった方も、残念だった方もいるのではないでしょうか。多くの感動を日本で見られることが今から楽しみですね。

■医療ボランティアの報酬は?
東京オリンピック・パラリンピックでは1000人を超える医師や看護職のボランティアが活躍します。医療の資格をもって特別な仕事をするのだから、報酬をもらうのだろうと思う方もいるでしょうが、無報酬なのです。一般のボランティアの方々は自分で応募して参加するので、無償が当然でしょう。それでもいろいろな意見が出されていたのを記憶している人もいるでしょう。医師や看護職のボランティアは大会組織委員会からの依頼で参加します。

それでも大会成功のため、参加する選手のために無償でボランティアをする医師や看護職のおかげで安心して大会が行われるんですね。

■看護職の役割
東京オリンピック・パラリンピックは、7月、8月に開催されるため選手だけでなく、大会スタッフや観客の健康管理も心配されています。看護職が適切に対応するために「東京オリンピック・パラリンピックにおける看護師の対応ガイドライン」が作られました。また、ボランティアで参加する看護職のための講習会も開催されています。

大会を裏で支える看護職の方々に感謝ですね。

************************************
看護助手の方、これから看護業界を目指したいという方など、今年こそは看護職デビューをしたい!という方は、看護One+ コチラから登録を!
看護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!

3
希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499