看護の派遣・転職のお役立ちコラム

【看護】病院でのインフルエンザ予防

2019/11/14

病院内でインフルエンザが流行しないために

***未経験・無資格からの看護のお仕事探しなら 看護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

今年もインフルエンンザの流行する季節になりました。ニュースでも時々取り上げられている病院でのインフルエンザの集団感染。病院にとってインフルエンザ予防はとても大事なことです。免疫力の下がっている患者さんにとってインフルエンザは生命の危険につながることもあるからです。そのため看護の仕事につく人は感染症に対する知識をもち、感染予防に心掛けています。

病院内でインフルエンザが流行しないためにどんなことをしているでしょう。実際に病院に努めている看護師さんに病院で行っているインフルエンザ予防を聞いてみました。

(1)予防注射の接種・・・職員全員に予防注射の接種を推奨しているそうです。予防接種はインフルエンザにかからないということだけでなく、かかっても重症化しないと言われているためとのことです。予防接種には費用も発生するので、予防接種費用を補助するなどして職員の負担を減らしているとのことです。同居する家族の予防接種費用も補助している病院もあるということです。

(2)手洗い、うがいの励行・・・感染症予防の基本はやはり手洗い、うがいのようです。

(3)室内環境の管理・・・乾燥した部屋はウイルスが増殖しやすいので、湿度を50~60%に保つようにしておくと良いとのことです。

(4)自分自身の健康管理・・・職員自身がインフルエンザを施設に持ち込まないようにするため、職員自身が規則正しい生活をする、人混みの中に行く時はマスクをするなど職員が健康管理をしっかり行うようにすることも大事な感染症予防とのことです。

(5)病院全体での感染症予防・・・日々の申し送りでの啓発、施設内に手洗い、うがい励行のポスターを貼るなどを行い、病院全体で感染症予防に取り組むことが必要とのことです。

(6)家族などの面会者への周知・・・面会に来る家族にインフルエンザ予防への協力のお願いをして、時には面会の制限を行うこともあるとのことです。

病院ではインフルエンザだけでなく、他にも発生を予防すべき感染症があるので、常に感染症の予防には気を使っているとのことです。看護の仕事につく人は、自分だけでなく事務、看護助手等の病院で働くすべての職種に対して、積極的にインフルエンザ予防の啓発活動を行う必要があるとのことです。

************************************
看護助手の方、これから看護業界を目指したいという方など、今年こそは看護職デビューをしたい!という方は、看護One+ コチラから登録を!
看護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!

3
希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499