看護の派遣・転職のお役立ちコラム

病院以外にも、看護師の資格が活かせるお仕事がたくさんあります!

Q:病院以外での看護師の働き方とは?

A:看護師の資格を活かせるお仕事は、病院以外にもたくさんあります。

たとえば、クリニック・介護施設・保育園・教育機関・一般企業などです。それぞれ、求められるお仕事内容や看護師経験、看護スキルが異なります。看護One+(ワンプラス)でお仕事内容をしっかりご確認ください。

クリニックには、病棟と違った忙しさ・大変さがあります。また採血や点滴、創処置などのスキルを求められることも多いです。

保育園では、保育士の役割(業務)も求められます。おもに0歳児を受け持ち、調乳や授乳・おむつ替えなど保育補助業務を行います。その他に、園児全体の健康管理も行います。また、「保健だより」などのおたより作成などもあります。園児一人ひとりの健康や成長をサポートする保育園看護師のお仕事は、病院とはまた違ったやりがいがあります。

看護学校や看護大学では、これまでの臨床経験を活かし看護学生の指導・教育にあたります。これまでの経歴を活かし担当教科を持ったり、実習の指導も行います。実習先担当者との様々な調整や国家試験・就職対策など、お仕事内容は多岐にわたります。また看護学生に指導するためには、自分自身も常に学び続けることが必要になります。

一般企業の中には、社内に医務室を設けているところもあります。そこでは、社員の日々の健康管理や健康相談に加え、検診の時などに医師の診療補助を行います。また社員への啓蒙活動も、とても大切なお仕事となります。

介護施設では、利用者様の健康管理や服薬管理に加え、介護職員と一緒に利用者様の日常生活の援助も行います。他職種である介護職員との協働ですので、高いコミュニケーション能力が求められます。また介護職員初任者研修や実務者研修などには、看護師が受け持つ科目があります。介護に看護や医療の視点を加えることで、提供するケアの質を高めることができます。

このように病院以外でも、様々なところで看護師資格を活かしてお仕事ができます。ただ、長く医療現場を離れてお仕事をした場合、もう一度医療に戻ろうとすると少しハードルが高く感じられることもあるかもしれません。これは、結婚や出産などでブランクがある方も、同様に感じることが多いようです。看護One+(ワンプラス)では、そのような方々のために、業界知識が豊富なアドバイザーや看護師資格を持つアドバイザーがご相談を承ります。また今後、様々なセミナーも企画してまいりますので、ぜひご参加ください。

3
希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499