看護の派遣・転職のお役立ちコラム

【看護】感染症の類型について

2021/10/14

感染症には種類がある

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

新型コロナウイルスの流行は、私達の生活様式を変えるまでになりました。看護師としても日々今までにない緊張感の中での生活をしていると思います。1日でも早く通常の生活に戻ることができようになることを願っています。

感染症には一類~五類まであります。新型コロナウイルスは指定感染症となっています。
一類、二類、三類は、ヒトからヒトに感染する疾病で、感染力と罹患した場合の重篤性等に基づく総合的観点から見た危険性の程度に応じて分類されています。指定感染症は、どの分類にも位置づけられていない感染症で、一類から三類感染症と同等の措置を講じなければ、国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるもので、コロナウイルスはここに分類されています。
鳥インフルエンザも初めは指定感染症に指定されていましたが、その後二類に分類されています。

■今後はどうなるの?
現在コロナウイルスは、二類相当としての対応がされています。今後はワクチン接種の状況や治療方法などの確立などによって、どの類型になるかを検討していくこととなります。五類まで下げるべきと提案している人もいます。

■いつまでに方針がきまるの?
コロナウイルス感染症の指定感染症としての指定の期間は、令和4年1月31日までとなっています。あと数か月のうちにどのような対応になっていくのか決定されます。医療職としてニュースなどに注目していきましょう。

************************************
看護助手の方、これから看護業界を目指したいという方など、今年こそは看護職デビューをしたい!という方は、看護One+ コチラから登録を!
看護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499