看護の派遣・転職のお役立ちコラム

【看護】看護師×介護予防

2021/10/7

デイサービスで働く看護師が持っていても良い資格を紹介

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

介護事業所が増え、病院や診療所ではなく、介護施設で働く看護師も増えました。治療の場ではなく生活の場でも看護師の持っている知識はとても重要です。デイサービスで働く看護師には機能訓練や介護予防についての知識の向上も求められます。

■介護予防運動指導員とは
介護予防運動指導員とは、高齢者のための筋力向上トレーニングをはじめとした介護予防プログラムの作成や運動指導により、高齢者が自立した生活を送れるように適切なサポートを行う専門家です。
講習は東京都健康長寿医療センター研究所の指定を受けた事業者が実施します。センター研究所の提供する各種介護予防プログラムの理論及び高齢者筋力向上等トレーニングなどの講義・演習等受講し、修了試験に合格することで取得できます。

■受講要件は
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、介護支援専門員、健康運動指導士等、介護職員基礎研修課程修了者、訪問介護員2級以上で実務経験2年以上の方、実務者研修修了者、初任者研修修了者で実務経験2年以上の方、および上記国家資格の養成校等の卒業見込みかつ資格取得見込み者(国家試験受験者)の資格を所持している人が受講できます。

■カリキュラムは
介護予防概論、地域づくりによる介護予防論といった介護予防の考え方だけでなく、高齢者筋力向上トレーニング特論、転倒予防特論、尿失禁予防特論、口腔機能向上特論、認知症予防特論、また、これらの実習なども行うので、実際の介護の現場でも役に立てることもできます。
デイサービスでは働き始めたが、なんとなく業務をこなしているだけになっているという看護師にはオススメかもしれません。

■看護師は質の向上に必須
介護を提供していく中で看護師の知識・技術は必須です。看護師が介護予防についての理解を深め、介護現場に適切に看護師も持っている知識・技術を浸透させることができたら必ず良い介護サービスが提供できます。自分自身のスキルを再確認するために資格を取得するのも良いかもしれません。

************************************
看護助手の方、これから看護業界を目指したいという方など、今年こそは看護職デビューをしたい!という方は、看護One+ コチラから登録を!
看護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499