介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】老人ホームでの年末年始の過ごし方

2019/12/12

年末年始もご利用者の生活を支える介護職

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

介護を必要とする方の中には施設で暮らす方もいます。年末年始はどのように過ごしているのでしょう。入所している方の中には年末年始にご家族が迎えに来て自宅等に帰る方もいますが、多くの方は施設で過ごします。

老人ホームでは介護職員の方が工夫を凝らし、季節感を感じることができるような飾り付けをしています。年末はクリスマスの飾りつけ、クリスマスが終わるとお正月を迎えるお正月飾りなどで雰囲気作りをしています。季節感を感じるような飾り付けはご利用者の生活にアクセントをつけるためにもとても大事なことです。年末はお正月飾りを一緒に飾ったりします。お餅つきを行う施設もあります。お餅つきなどは職員よりご利用者のほうが馴染みのある場合も多く、職員のほうがご利用者に教えてもらうこともあります。12月31日は「紅白歌合戦」をリビングでみるなんてこともしている場所もあります。お正月になると近くのお寺や神社に初詣でに行くこともあります。女性職員が着物を着てフロアを歩くだけでもご利用者の顔が明るくなります。

年末年始には施設の行事も行われ、ボランティアを募集している施設や地域の方の参加を求めている施設もありますので調べてみるのもいいですね。

身体介護だけでなく、ご利用者が普通の生活ができるように、また、生活が楽しくなるようにするのも介護職の大事な仕事です。年末年始もご利用者の生活を支える介護職。大変なこともありますが、ご利用者の普段とは違う一面がみられる楽しみもありますね。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499