介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】介護職の最低賃金の見直し

2019/11/07

2019年10月1日より最低賃金が見直されたことはご存知ですか?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低額を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。最低賃金は、最低賃金審議会(公益代表、労働者代表、使用者代表の各同数の委員で構成)において、賃金の実態調査結果など各種統計資料を十分に参考にしながら審議を行い決定しています。

働く地域によって金額に差はありますが、平均して28円の値上げがされました。このことで最低賃金が東京都は1.013円、神奈川県1.011円となり最低賃金が1.000円を超えました。地域によって最低賃金は違いますが、現在あなたが働いている職場でも時給が見直されたかもしれません。あなた自身の時給は最低賃金を上回っていますか?

介護の仕事に興味があり、介護の仕事をしてみようと思っている方、実際どのくらいの賃金をもらえるのだろうと思っていると思います。
介護職員はどのくらいの賃金をもらっているのでしょう?

非常勤介護職員の賃金は厚生労働省の発表では平成30年9月時点で全体の平均が1.110円となっています。訪問介護、デイサービス、特別養護老人ホーム等いろいろなサービス形態があり、サービス形態ごとでも時給が違います。訪問介護は1.500円前後、デイサービスは1.100円前後、特別養護老人ホームは1.200円前後が多いようです。介護全体の常勤介護職員の平均賃金は月額300.970円となっています。サービス形態によっても給与額は変わります。特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの入所サービスは夜勤があるため夜勤をやった分給与が高くなります。

介護福祉士などの資格を取得することで手当のつく職場もありますので、無資格で就職した人も資格を積極的に取得することをお薦めします。この10月より介護保険が改定され、介護職員の給与はさらに改善されるようになりました。

今後ますます介護職の需要は高まり、給与は上がるともいわれています。介護の仕事に興味ある方は介護の仕事に一歩踏み出すのもいいかもしれません。

転職サイトなどを活用してみるのもひとつの方法です。自分がどのようなサービス形態の事業所で働くのが良いのか決めきれない方は、紹介会社を活用することで自分にあっている職場を探すことも一つの方法です。紹介会社を活用すると給与相場だけでなく、職場の雰囲気等を教えてくれることもあります。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499