介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】介護の資格 ガイドヘルパー

◆外出をお手伝いする ガイドヘルパーってどんな仕事?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

介護系の資格は公的・民間資格を合わせて、さまざまなものがあります。
今回はその中から「ガイドヘルパー」についてご紹介します。

■ガイドヘルパーって?
ガイドヘルパーは「移動介護従事者」の通称で、障害がある方の外出サポートを行うための資格です。
外出支援を通して、障害を持つ方やそのご家族の「楽しみ」や「生きがい」のお手伝いができるので利用者さんのQOLの向上に役立つスキルです。
利用者の障害によって、3つの資格に分けられています。

【全身性障害者移動支援従事者】
車いすを利用しているような全身性の障害のある方に対して屋外における移動介護を行います。
具体的には、車いすが通りにくい段差のある歩道や階段などで介助したり、電車やバスの乗り降りをサポートしたりします。
【知的・精神障害者行動援護従事者】
外出の支援のみならず、知的・精神障害者の日常生活の様々な支援を行います。
具体的には、お買い物の手伝いや地域イベントなどへの参加支援などがあり、地域社会の一員として、地域社会とつながる・参加できるようサポートを行います。
【視覚障害者同行援護従事者】
視覚障害のある方に対して屋外における移動支援を行います。
具体的には、ドアの開閉や段差のある歩道や階段のサポート、路上の自転車などの障害物を避けたり、電車やバスの利用サポートをしたりします。

仕事の内容は、それぞれの対象とする利用者の障害に応じてことなりますが、共通して言えるのは、同じ障害でも利用者それそれにおいて、状態や出来ること、手伝ってほしいことが異なるので、そういったニーズに合わせた支援を行う必要があります。

■ガイドヘルパーの資格取得をするには
都道府県が行う研修や、都道府県から研修事業者として認定を受けた介護系スクールの研修を受講することで取得できます。
受講資格はとくになく、研修の内容は、それぞれの障害に関する知識や、外出支援の実技演習などがあります。
介護福祉士やホームヘルパー1・2級、介護職員初任者研修修了者などは科目免除がある場合もありますが、都道府県によって条件が異なるので自分が該当するかどうか、都道府県のHPなどで確認してください。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499