介護の派遣・転職のお役立ちコラム

介護の働き方常勤・派遣・非常勤など

介護士の働き方では、派遣であっても、常勤、パートでも、同じ施設で働いている以上は業務に格差はありません。勤務されている時間は、みんな同じ働き方となります。

働く仕事内容に格差はないのですが、常勤の場合は、ボーナスがでたり、リーダーになったり、通常の企業の正社員と同様に出世が見込まれます。その代わり、全部のシフトに関わるといった責任も出てきます。

派遣の場合は、ボーナスは出ませんが、条件によっては、夜勤をやらなくていいなど、シフトを選んで働けるのメリットがあります。

デメリットは、派遣期間で終了になる可能性もあるます。
その為、毎回違う施設で就業しなければなりません。但し、、通常の時間給でいえば、正社員よりは高給が見込まれます。

派遣社員で就業したほうがお給料は高いですが、安定を希望する場合は、常勤でお仕事をされたほうが良いかもしれません。

介護士のパートは、常勤で働けないなどの理由があり止むなく選択している人も多いようです。
常勤と違い、ボーナスはでませんが直接雇用のため比較的雇用は守られています。又、お休みの取得なども融通が利く可能性があります。
派遣社員は給料は高いが、非常勤は直接雇用のため施設基準の給与形態になります。その点を納得すれば働きやすいともいえます。

また常勤では、ボーナス以外にも福利厚生など様々な手当もつきます。一方で責任も出てきますので、その時々のライフワークにあわせて選択するのも一つと言えるでしょう。

介護福祉士の専門資格が活かせる転職

https://spool-hs-medicalcare.jp/kaigo/search

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499