BLOG LIST

介護福祉士の専門資格が活かせる施設は?

介護福祉士の資格を取得して働く場は様々あります。例えば、特別養護老人ホーム、老人保健施設、有料老人ホーム、デイサービス、訪問介護サービスなど、この他にも多くの施設で働くことが可能となります。

また施設に限定しなければ教育業界人材サービス業界といった、人との関りが多い人材ビジネスの仕事に就くことも可能です。

介護福祉士はあくまでも通過点であり、その後のキャリアを積む事が出来る資格です。施設の管理者や生活相談、サービス提供責任者、ケアマネージャーの資格取得をされれば、介護支援専門員として介護プランを作る仕事にも就く事ができます。又、介護事業者の本部などで人事としても働く場が出てきます。

 

介護福祉士の国家試験は?

現場で働くということであれば、介護福祉士とケアマネージャーでは仕事の種類が違います。

介護福祉士は、三大介護といわれる、食事・排泄・入浴など様々な介護を行うことができ、それに対してケアマネージャーは、介護プランを作る仕事となります。

介護福祉士の資格を持っているということは、知識と経験の両方を備えていると認識されますので、資格さえあればどこでも雇ってもらえるようになります。もちろん、一生の自分のノウハウにもなりますし、介護福祉士を目指す後輩の育成でも活躍できますし、施設の管理・運営側にもまわることができます。また、さらに勉強すれば介護の教員にもなれる道もあります。

介護福祉士の専門資格の活かせる場は大きく広がり、教育や介護、また人材サービス、施設の運営経営面でも役割を果たすことができます。責任の重い仕事もこなす知識や経験があるという証明でもあります。

→介護福祉士の専門資格が活かせる転職
https://spool-hs-medicalcare.jp/kaigo/search

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499

ご登録・お問合せはこちら