介護の派遣・転職のお役立ちコラム

介護福祉士の国家試験は?

介護福祉士の国家試験はすでにご存知の方も多いかもしれませんが、これまでは介護職として実務経験がトータルで3年間あれば、受験資格となっていましたが、今年度からは3年間の実務経験に加えて、450時間の実務者研修の受講が必須となりました。
「実技試験」は免除となります。

また実務経験が3年以上ある方で、「介護職員基礎研修課程」と「喀痰吸引等研修(3号研修を除く)」の両方を修了している場合、「実務者研修」を修了した方と同様に受験資格となるようです。

現在の職場とは別で受けなければいけないため、ハードルはより高くなりました。その代わり介護福祉士の資格は大きなステータスにもなります。

実務者研修は「たん吸引」と「経管栄養」を学ぶこともできます。「たん吸引」と「経管栄養」は、本来は医療行為に分類されますが、認定した研修機関で受講できます。

働きながら介護福祉士の国家資格を取るためには、全受講時間は450時間と膨大な時間となります。そのため、介護福祉士の資格を取得するまでの計画作成はとても重要となります。

実務者研修は、通信と通学と含まれている講座も多く、様々な勉強方法がありますので、通学では通いやすい場所にあるか、また通信教育も自宅学習がしやすい教材かなどもしっかり選択されると良いでしょう。

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499