介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】アセッサーを目指しませんか

2021/12/9

介護プロフェッショナル?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

介護サービスの従事者に対して、「介護プロフェッショナル」のレベル認定のために必須となる資格「アセッサー」を知っていますか?
アセッサーは、「実際にその現場で何ができるのか」という部分を補うため、「わかる(知識)」と「できる(実践的スキル)」の両面を評価します。
どんな人がアセッサーとなれるのでしょう。どんな役割を担うのでしょう。

■アセッサー講習受講要件
(1)介護キャリア段位レベル4以上の方

(2)介護福祉士として3年以上実務に従事した経験があり、かつ、介護福祉士実習指導者講習会を修了した方(介護福祉士養成実習施設実習指導者Ⅱの要件を満たす方)

(3)実技試験に係る介護福祉士試験委員の要件に該当している方。具体的には、以下のいずれかに該当する方
・介護福祉士、保健師、助産師又は看護師の資格を得た後10年以上実務に従事した経験等を有する方
・介護福祉士養成施設等(社会福祉士及び介護福祉士法第39条第1号から第3号までに規定する学校又は養成施設)において介護の領域の科目を5年以上教授又は指導した経験を有する方

(4)介護福祉士、保健師、助産師又は看護師の資格を得た後5年以上実務に従事した経験等を有し、 介護技術講習指導者養成講習を修了した方(介護技術講習指導者の指導者の要件を満たす方)

(5)サービス提供責任者、主任等(チームやユニットを管理・運営し、部下に対して指導・助言を行う役職に就いている方)又は介護部門のリーダー(フロアリーダー等)

■講習について
アセッサー講習は年に2回実施されています。受講にかかる費用は、受講料、講習指定テキスト代、払込取扱手数料で23,230円となっています。講習は、テキスト学習、e-ラーニング、トライアル評価、確認テストからなり、約3ケ月間の講習となります。主なカリキュラムとして、介護キャリア段位制度の理解、アセッサーの役割、評価項目の理解、評価法方法の理解、評価の演習、介護キャリア段位制度を活用したOJTの推進があります。

■アセッサーの役割
アセッサーは介護の実践スキルを公正に評価し、その評価の根拠を第三者に証明することや「できていない」と評価した実践スキルに対するOJTを実施し、レベルに応じた介護を実践できる介護職員となるよう資質向上をはかるという役割を担います。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499