介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】お月見しましょう!

2021/9/16

お月見とは?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

コロナウイルスの影響で外出も面会もままならない介護施設、少しでも入居されている方の生活に潤いを与えたいですね。施設内でもできる「お月見」はどうでしょう。
お月見といえば「中秋の名月」でしょう。中秋の名月とは旧暦の8月15日に見える月のことで、今年は9月21日です。月の高さや澄んだ空気により、中秋の名月は1年の中で最も美しいと言われています。
中国で行われていた風習が平安時代の日本にも伝わり、貴族たちが月見の宴を催すようになりました。江戸時代には庶民にも広まりました。

■お月見に食べるもの
お月見といえば、月見団子でしょう。ススキや里芋やサツマイモと一緒にお供えをした後に食べると良いでしょう。
介護施設ではなかなかお団子は出しにくいかもしれませんが、上新粉で作ったお団子なら粘り気も少なく嚥下しやすいと言われています。さらにお豆腐を加えると嚥下しやすくなるようです。また、お供えとした芋などの野菜を使った豚汁なども良いでしょう。

■「お月見」までを楽しもう
お月見だけでなく、お月見前も楽しめるようにすると良いでしょう。介護施設ではなかなか夜に外を見るということはできないかもしれません。人員に余裕があれば、ちょっとシフトを変えて、お月見ができると良いですね。実際のお月見はできない場合は、貼り絵などをレクで行い、大きな満月を貼り、お月見の代わりにしている施設もあります。

■思いやりの心
月にうさぎがいる話は小さい頃に聞いたことがあると思います。これは仏教の教えからきているともいわれています。

昔、仲良く暮らす、うさぎときつねとさるがいました。3匹は、「自分達が獣(けもの)の姿なのはなぜだろう?」「前世で何か悪いことをしたからではないだろうか?」「せめて今から人の役に立つことをしよう」ということを話し合っていました。
この話を聞いていた帝釈天(たいしゃくてん)は、何か良いことをさせてあげようと思い老人に姿を変えて3匹の前に現れます。何も知らない3匹は、目の前の疲れ果てた老人が「おなかがすいて動けない。何か食べ物を恵んでほしい。」と、話すと、やっと人の役に立つことができる!と喜んで老人のために食べ物を集めに行きました。
さるは木に登って木の実や果物を、きつねは魚を採ってきました。ところが、うさぎだけは一生懸命頑張っても何も持ってくることができませんでした。
うさぎは、「私には、食べ物を採る力がありません。どうぞ私を食べてください。」と言って火の中に飛び込み、自分の身を老人に捧げました。
これを見た老人は、すぐに帝釈天の姿に戻り「お前達の優しい気持ちはよくわかった。今度生まれ変わる時にはきっと人間にしよう。それにしても、うさぎには可愛そうなことをした。月の中にうさぎの姿を永遠に残してやろう。」と言いました。
こうして、月にはうさぎの姿が今でも残っているのです。

自分の身をもって・・・までは行き過ぎじゃない?という考えもあるかもしれませんが、相手のことを思う「思いやりの心」を持つことは大事ですね。思いやりの心の大切さは介護の仕事も同じですね。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499