介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】夏バテを予防しよう!!

2021/7/8

夏バテしてませんか?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

夏バテ予防をして暑い夏を乗り越えましょう。

■夏バテとは
夏の暑さによる自律神経等の乱れに起因して現れる様々な症状のことです。症状には、体が重い・だるい、食欲がない、下痢や便秘などの消化不良、熱っぽい、頭痛、やる気が出ないなどがあります。

■夏バテの原因は
原因には以下のようなものがあります。
(1)温度差による自律神経の乱れ
気温が高い屋外と、冷房が効いている室内との寒暖差を繰り返すことで、自律神経の働きが追い付かずに体調不良を招きます。

(2)体液の乱れ(脱水)
暑いと体温を下げるために大量の汗をかきます。適切な水分を摂らないと水分不足になってしまいます。水分が不足すると血液やリンパの流れが滞ってしまい、頭痛や食欲不振、体のだるさなどの体調不良を招きます。

(3)胃腸の乱れ
自律神経が乱れると胃腸の働きが低下します。水分不足で胃酸の分泌が減ると胃腸の働きは弱まります。胃腸の働きが悪くなると食欲不振や下痢、便秘などの消化不良を起こします。

(4)睡眠不足
暑さにより睡眠不足になると、自律神経の働きが乱れ、交感神経が優位になりがちです。

■夏バテ予防
夏バテ予防のために生活面と食事面で以下のことに気をつけましょう。

【生活面】
(1)規則正しい生活・・・規則正しい生活は自律神経の働きも整えます。
(2)休息・・・十分な睡眠は自律神経を整えます。
(3)入浴・・・ぬるめのお湯は副交感神経を優位にします。

【食事面】
(1)バランスの良い食事・・・暑いからと冷たいものや麺類ばかりにならないようにしましょう。ビタミンB1の多い豚肉、うなぎ、玄米、そばはオススメです。
(2)野菜・・・きゅうり、トマト、ナスなどの夏野菜を食べましょう。夏野菜にはカリウムやビタミンが豊富に含まれています。
(3)水分補給・・・脱水には十分気をつけましょう。水ばかりでなく、お茶や野菜ジュースも飲みましょう。

夜勤のある仕事に就いている人は特に生活リズムが狂いやすいです。また、食事も不規則になりやすいです。自分で意識して夏バテを予防し、暑い夏を乗り越えましょう!!

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499