介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】認知症の話(3)

2020/10/15

認知症とは

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

様々な原因によって脳の病的変化が起こり、それによって認知機能が低下し日常生活に支援が必要な状態です。まず介護職としては、「さまざまな原因で脳の病的変化が起きる」こと、そして「認知機能が低下」すること、そして「日常生活に支援が必要」なこととわけて考えることが必要です。
今回は脳の機能について触れていきましょう。

■前頭葉
感情や判断力、創造等の精神活動を担います。

■側頭葉
音を言葉として認識、言葉の意味を理解、新しい記憶の中枢などを担います。

■頭頂葉
知覚・思考の認識や統合、身体位置の空間的認識(身体の姿勢や手足の位置、関節の屈曲の程度を認識する能力)などを担います。

■後頭葉
視覚と眼球運動などを担います。

■小脳
平衡機能や筋肉の緊張の維持と姿勢の保持、スムーズかつ正確な運動の調節などを担います。

■脳幹
運動指令と感覚指令が通過します。ほとんどの脳神経核が集中しており、頭部や顔面、舌、咽喉頭の運動・知覚、味覚や聴覚などの感覚を担います。

つまりこれらの機能が低下する認知症は、そのことがしにくく、または、出来なくなっていくわけです。ちょっと想像しても日常生活に大きな支障をきたしそうですね。
次回から代表的な認知症について紹介していきます。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499