介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】介護の仕事~デイサービス(1)~

2020/07/22

設備基準と人員基準

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

デイサービスを運営するためには、行政の指定申請を受ける必要があります。指定を受けるためには、設備や書類、人員の定められた基準を守る必要があります。実際どんな人員が必要なのでしょう。

■介護職員
利用者の身体介護(入浴、排せつ、食事など)やレクリエーションなどを行います。利用者15人まで1名以上、その後利用者が5名増えるごとに1名の介護職員が必要となります。実際は基準より多めに配置されていることが多いです。資格がなくても働くことができます。介護福祉士やホームヘルパー(ホームヘルパー2級、初任者研修)を持っていると手当てがつくことがあります。

■看護職員
原則デイサービスに1名必要です。利用者の健康管理を行います。利用者の血圧測定や体温の測定、デイサービス利用中に服用する薬の管理などを行います。利用者の体調が悪くなった場合の対応を中心になっておこないます。

■機能訓練指導員
原則デイサービスに1名必要です。利用者の機能訓練を担当します。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員などが機能訓練指導員となることができます。筋力の維持・向上を行うこともありますが、実際の生活動作の向上や生活の質に焦点を当てた機能訓練を行うこともあります。

■生活相談員
利用者やその家族、ケアマネジャーからの相談窓口となり、サービスの調整をおこないます。社会福祉士、介護福祉士などの資格が必要です。介護職員で現場を経験し、介護福祉士や社会福祉士を取得したのちに生活相談員となる人もいます。
サービス提供時に必ずいなければなりません。管理者や介護職員と兼務している人もいます。

■管理者
デイサービス全体を管理します。資格は必要ありません。まったく介護の仕事をしたことないという人もいますが、多くの場合、介護職員や生活相談員を経て管理者になることが多いです。デイサービスの規模によって仕事内容には大きな差があります。

次回は、サービス内容について触れていきます。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499