介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】知的障害者福祉の父

2020/06/18

父の日にちなんで、ぜひ知ってほしい人

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

もうすぐ父の日です。お父さんにどんな形で感謝を伝えますか?父の日にちなんで、ぜひ知ってほしい方がいますのでご紹介します。

■「知的障害者福祉の父」を知っていますか
糸賀一雄という人を知っていますか?」「知的障害者福祉の父」と言われる人です。
糸賀一雄は、昭和 21年11月に知的障害児等の入所・教育・医療を行う「近江学園」を創設し、園長となります。西日本で最初の重症心身障害児施設「びわこ学園」を設立するなど、多くの施設建設を手がけるとともに、中央児童福祉審議会・精神薄弱者福祉審議会の委員や全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)の理事として、国の制度づくりにも尽力しました。
重度の障害児であっても、人間としての生命の展開を支えることが重要であるとの理念のもとに、「この子らに世の光を」ではなく、「この子らを世の光に」と唱え、人間の新しい価値観の創造を目指した人権尊重の福祉の取り組みを展開しました。

■想いを理解する
「この子らを世の光に」という理念は次の3つから理解する必要があります。
第1にこの子らが生活主体者(自己実現の主体、人権の主体)であること
第2に潜在的可能性を持ったこの子らをさらにみがきあげ、人格発達の権利を徹底的に実現しようと実践すること
第3に社会はそうしたことを認め合い、実現できるものでなければならないこと

この考えは、私たちがご利用者の支援を行うときにも大事にすべきことです。
「ご利用者の主体性を大事にする支援、人格の発達を実現する、このような考えをもった地域づくり」をしたら、とても良いと思いませんか?

もっともっとこの考えを広めていくべきと思います。

「この子らに世の光を」ではなく、「この子らを世の光に」です。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499