介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】食中毒にご注意を

2020/06/04

食中毒とは

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

食中毒とは、食中毒を起こすもととなる細菌やウイルス、有毒な物質がついた食べ物を食べることによって、げりや腹痛、発熱、はきけなどの症状が出る病気のことです。

■梅雨の時期に増えるワケ
食中毒を引き起こす細菌の多くは、約20℃で活発に増殖し始め、人間や動物の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。また、細菌の多くは湿気を好むため、気温も湿度も高くなる梅雨時には、細菌による食中毒が増えます。

■介護職と食中毒
訪問介護のサービスのひとつに「食事の支度」という支援があります。ご利用者宅でご利用者の食事を作ります。介護職員は食中毒予防にも留意しなければなりません。どのようなことに注意が必要なのでしょう。

■細菌による食中毒予防「3つの原則」
細菌による食中毒を予防するためには以下の3つの原則を守りましょう。

【つけない】
手にはさまざまな雑菌が付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付けないように、調理を始める前、生の肉や魚、卵などを取り扱う前後、調理の途中でトイレに行ったり鼻をかんだりした後、おむつを交換したり動物に触れたりした後、食卓につく前、残った食品を扱う前等は必ず手を洗いましょう。

【増やさない】
細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要です。

【やっつける】
ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅しますので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です。中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499