介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】介護職の活躍の場~訪問介護(1)~

2020/05/21

介護職の働く場は様々

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

介護職員の働く場としては、病院、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、グループホーム、デイサービス、デイケア、小規模多機能型居宅介護、訪問介護等があります。
今回は訪問介護について紹介していきます。

■訪問介護とは
訪問介護は、利用者の自宅に訪問し、食事・入浴・排泄など直接身体に触れる身体介助や掃除・洗濯・調理などの生活援助、通院時の外出移動支援などを行うサービスです。介護の必要となった利用者が自宅において自立した日常生活を送れるように生活を支援することが目的です。

■具体的なサービスは
【身体介助】
身体介助は、利用者の身体に直接触れるサービスです。具体的には、「食事介助」、「入浴介助」、「移乗介助」、「排泄介助」、「体位変換」などが挙げられます。 

【生活援助】
生活援助とは、利用者の日常生活を支援するサービスです。具体的には、「食事の準備」、「掃除・洗濯・ゴミ出し」、「日用品などの買い物代行」などが挙げられます。 

【通院介助】
「通院等乗降介助」のことで、訪問介護事業者の介護職員資格を持つ運転手による送迎を受けられるサービスで、車への乗降介助や移動介助なども含まれます。

■誰でもサービスを提供できるのか?
訪問介護を提供するためには以下の資格が必要です。

【介護職員初任者研修 】
130時間の講義を受講し、修了後に約60分間の試験を合格することで、介護職員初任者研修の修了者として認定されます。 

【介護職員実務者研修】
450時間の講義を受講することで、修了者として認定されます。介護福祉士試験の受験資格のひとつに該当します。

【介護福祉士】
介護系の資格において唯一の国家資格です。

訪問介護の仕事内容や必要な資格について紹介してきました。次回は、気になる待遇や働き方、実際に働く方の声を紹介します。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499