介護の派遣・転職のお役立ちコラム

【介護】新年度の準備を!

2020/02/27

新しいことにチャレンジを!

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

高齢化が進む中、介護職員の需要はますます増えています。2020年度で約216万人の需要があり、2025年度には約244万人に増えるといわれています。しかし、近年の入職、離職の動向が大きく変わらないと210万人程度しか確保できないといわれています。需要と供給のギャップは約34万人と介護職員の不足は深刻なますます深刻な状況になるといわれています。特に東京や大阪、その周辺の地域での人材不足はより深刻な状況になるといわれています。

平成から令和になり、最初の新年を迎え、あと1か月で新しい年度になろうとしています。そもそも2020年はどのような年になると言われているのでしょう。今年の干支は「庚子(かのえ・ね)」です。干支は10種類の十干(じっかん)と、12種類の十二支の組み合わせで60種類が存在し、60年で一巡します。2020年は十干が「庚(かのえ)」、十二支が「子(ね)」であり、2つ合わせて干支は「庚子」となります。「庚子」が表す意味は、新たな芽吹きと繁栄の始まりです。つまりは、新しいことを始めると上手くいく、大吉であると指し示しています。

■介護業界も変革の時
介護業界の人出不足は大きな問題で、2025年までに35万人以上の介護職員が不足すると言われています。介護職員は離職率も高く、3年以上勤める介護職員は約35%程度です。その要因の一つにリーダー級の職員の不足もあり、しっかりとした職員の育成ができる人材が必要とされています。厚生労働省は介護職員数の確保とともに介護職員の育成にも力を入れていくこととしています。今後さまざまな支援が行われることでしょう。

■今こそ介護職!!
介護の仕事に興味はあったけど、去年は結局一歩踏み出せなかった。そんな方も今年は新しい一歩を踏み出すのにとても良い年です。また、今後キャリアアップしていくための支援制度などが作られていくと言われているので、現場で経験を積みながら、自分自身を成長させることができる機会が増えるかもしれん。一人では心細い方は、紹介会社を活用してみるのも良いでしょう。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499