保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】児童虐待を防止しよう

2021/2/25

193,780件

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

2019年度に発生した児童虐待の数です。毎日約530件の虐待が発生しているということになります。すごい数ですね。保育士さんもこの現状を知っておいた方が良いでしょう。

■児童虐待とは?
そもそもどんなことが虐待にあたるか知っていますか?厚生労働省は児童虐待を「身体的虐待」「性的虐待」「ネグレクト」「心理的虐待」の4つに分けています。

実際に発生している虐待は、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待のうち、最多は心理的虐待の109,118件で全体の56.3%となっています。心理的虐待に続くのは、身体的虐待で49,240件、25.4%、ネグレクト33,345件、17.2%、性的虐待2,077件、1.1%となっています。

■虐待を受ける年齢は
虐待を受ける年齢としては、小学生が34.5%と最も多く、次いで3歳から学齢前児童が23.8%、0歳から3歳未満が19.7%となっています。
小学校入学前の子どもの合計は38,665名で全体の43.5%を占めています。このことからも保育士さんが虐待に関心を持つことで、発生を予防、または、早期発見できる可能性があります。

■児童虐待かな?と思ったら
児童虐待の発生には、さまざまな要因が絡んでいます。様々なサポートが必要になることがあります。保育の現場で気になることがあったらまずは、職員間で共有することが大事です。明らかに虐待と思われる場合は、児童相談所に通報しなければなりません。
保育士さんは「子どもを虐待から守る」そんな大事な役割も担っています。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499