保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】感染症~ノロウイルスについて~

2020/11/12

冬場になると流行するノロウイルス

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

保育士さんにとっても感染防止などノロウイルスに関する知識は必須のものです。保育士を目指す人、保育士として働いている人ともにノロウイルスについて理解度を確認しましょう。

■潜伏期間と流行する時期
発症するまでの潜伏期間は12~48 時間といわれています。1年を通じ発生しますが、特に秋から冬にかけて流行します。感染力が強いことも特徴の一つです

■感染経路
主な感染経路は、経口感染、飛沫感染及び接触感染です。 汚物処理(排泄物や嘔吐物など)が不十分な場合に集団感染を引き起こします。保育士として適切に汚物処理がおこなえるようにしておくことも大事なことです。

■予防・ 治療方法
ワクチンの開発は行われていますが、使用可能なものはありません。経口感染、接触感染、空気感染(飛沫核感染)により感染するため、手洗いの励行等の一般的な予防法を実施すること、また、嘔吐物等に迅速かつ適切に対応することが大切です。 特異的な治療法はなく、下痢や腹痛、脱水に対して水分補給、補液等を行います。

■注意点
ノロウイルス感染症は、(1)ウイルスが含まれた水や食物、手を介して感染、 (2)処理をしていない嘔吐物等が乾燥して空気中に舞い上がり感染、の2点で感染が広まります。
感染予防・拡大防止のためには、(1)手洗いの励行などの一般的な予防法を徹底する、(2)下痢・嘔吐がみられた時の処理手順を職員間で共有し、迅速かつ適切に予防のための対応をとる、ことが大切です。

■保護者への理解を求めましょう!
流行期には、前日に嘔吐していた子どもの登園は控えてもらうように保護者に伝えることが重要です。ノロウイルスにかかった場合の登園のめやすは、「嘔吐、下痢等の症状が治まり、普段の食事がとれること」です。ただし、登園を再開した後も、ウイルスは便中に3週間以上排出されることがあるため、排便後やおむつ交換後の手洗いを徹底しましょう。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499