保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】七夕に願うこと

2020/07/02

七夕の由来

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

七夕にはいくつの由来がありますが、保育園での定番は小さい頃から良く聞いた「彦星と織姫」のストーリーでしょう。
保育園では、笹に飾りつけを行い、願い事を書いた短冊を飾ることが多いようです。子ども達が書いた願い事には、保育士さんもたくさんの笑顔をもらうと言います。

■子どもの未来応援プロジェクト
そんな可能性をたくさん持っているはずの子どもたち。明日の日本を支えていくのは今を生きる子どもたち。その子供たちが自分の可能性を信じて前向きに挑戦し、未来を切り拓いていける社会にすることが必要です。しかし、生まれ育った環境によって、教育の機会が得られずに将来の可能性が閉ざされてしまう子どもたちや、健やかな成長を育むための衣食住が十分確保されていない子どもたちがいます。
貧困の状況下で育った子どもが大人になっても貧困の状況から抜け出せないほど、いわゆる貧困の連鎖によって子どもたちの将来が閉ざされることは決してあってはなりません。
「今」だけではなく、「未来」までみつめた官公民連携による「未来応援プロジェクト」と言われるプロジェクトがあります。
  
■制度や政策にも興味を持とう!
・保護者の収入が一定以上のレベルであっても、子どもの養育にはお金をかけない。
・汚れた衣服を着ている、食事をしていないなどの場合、貧困だけではなく虐待の疑い。
など保育士は様々な問題に気づく立場でもあります。

今、どんな問題が起きているのか、その問題を解決するためにどのような制度があるのかなどに興味を持って、知ることも保育士の仕事の一つです。
「子どもの未来応援プロジェクト」等について、次回以降で紹介していきます。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499