保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】保育士資格がなくても!保育補助のお仕事

保育補助のお仕事

***未経験・無資格からの保育のお仕事探しなら保育One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

保育未経験者・潜在保育士の皆さん、こんにちは!
昨今の待機児童問題の影響もあり、保育士免許を必須としない「保育補助」の求人も少なくありません。
メリットやデメリット、向き不向きなどの観点からご紹介いたします!

【保育補助職のメリット・デメリット】

保育補助職のメリット
・早朝や夕方、土日など比較的短時間の勤務が多い
・保育士免許を持っていなくても勤務可能なケースが多い
・保育補助として働きながら保育士免許の取得が可能なこと

保育補助職のデメリット
・保育士免許を問わない求人の場合、職務内容が限定的
・早朝や夕方など、人手が足りない時間帯を任されるので忙しい
・短時間勤務ゆえに子供たちや保護者との関係作りに時間がかかることも

保育補助職のメリットは、保育士免許取得を目指しながら実務経験を積むことができる点が挙げられます。保育補助職は早朝や夕方以降など限定的な時間の勤務形態も少なくないので、専門学校や本業とのバランスがとりやすいため働きながら保育士免許を取得したいという方にぴったりのお仕事です。
また、保育士免許は持っていないが、子育て経験を活かしたいというかたにもピッタリのお仕事で、最近ではシニアがおじいちゃん先生・おばあちゃん先生として活躍しているケースも少なくありません。短時間勤務も可能なため、年金や扶養内など収入に上限がある働き方もしやすく、子育てがひと段落した主婦にも人気を集めています。

デメリットは、時間も職務内容も限定的になってしまうため、物足りなさを感じる方も少なくない点です。
保育補助職は保育士のサポート的な職務内容なので、お部屋やトイレなどの清掃や、食事介助のアシスタントなど任せてもらえる仕事に偏りがある職場も少なくありません。保育士として担任やイベントを切り盛りしていきたいという方には不満が生じるかもしれません。

【保育補助職に向いている人】

・子供の成長に関わることが好き
・保育士免許の取得を目指している
・子育て経験を活かしたい
・フルタイムは厳しいが短時間勤務で保育士不足に貢献したい

保育補助職は保育士のサポート業務を任されることが多いため、これから保育士免許取得を目指したい方や、保育士免許は保持していないが子供の成長に関わりたいという方に向いていると言えます。
とくに、勤務時間の融通が付きやすいかたは優遇される傾向が強く、シニア人材への注目は年々増しています。
保育士という仕事は大好きだけど、家庭の都合で短時間勤務しかできないという保育士さんや、どうしても子供の成長に関わりたい・働く保護者の手助けがしたいという方の転職先の候補の一つとして検討されてはいかがでしょうか。

************************************
保育補助の方、これから保育業界を目指したいという方など、今年こそは保育職デビューをしたい!という方は、保育One+(ワンプラス)保育業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
まずはお気軽にご登録・ご相談を!
保育One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499