保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】保育転職で気をつけたい求人情報の見方(1)基本事項

こんなはずじゃなかった…とならないために。

***未経験・無資格からの保育のお仕事探しなら保育One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

現役保育士・潜在保育士の皆さん、こんにちは!
求職活動と切っても切り離せないのが求人票などの求人情報です。
どんな職種をどんな条件で募集しているのかが記されているのですが、たくさん文字が並んでいて、何をどう読んでいいのかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。
今回は、そんな求人情報の見方をご紹介。
気になる転職候補先の求人情報、チェックしてみてくださいね!

【求人情報で最低限チェックしたい基本ポイント】

・賃金について
・残業代について(「みなし残業代」「固定残業代」「裁量労働制」という表記の有無)
・社会保険(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金)に加入しているか
・働く場所や期間・雇用形態について

求人情報で必ず確認したい基本事項としてまずチェックしたいのは「賃金」についてです。
時給なのか月額固定給なのか、固定給の場合はそのうちの基本給と手当などの内訳がどうなっているのか、といった点について確認が必要です。
同じ月額20万円と記されていても、基本給が20万円なのか、基本給が12万円で資格手当が3万円・職能手当が3万円・家族手当が3万円といった内訳なのかでは、大きく異なるからです。また、通勤代に関して実費が全額出るのか、上限金額が設定されているのか、設定されている場合には実際に勤務することになった場合、その範囲で通勤可能か否かも確認しましょう。
そして、とくに気をつけなくてはならないのが、一定の残業時間分の賃金を含んでいる「みなし残業」「固定残業代」といった制度が導入されているかどうかです。
ここを見落としてしまうと、実際に働き始めてから「見込んでいた残業代がつかない!!」といったことが起こり、前職よりも手取りが少ないということに陥ってしまうことも。
なお、これらの制度が取り入れられていることはよくあることなのですが、気をつけなくてはいけないのは何時間分含まれているのかということです。
法律で決められている残業時間の上限は月45時間なので、その時間に対してどのくらいの残業時間が想定されているのかということは、残業が多い職場なのか推察するうえでも一つの判断材料となるでしょう。
パートやアルバイトでの就労を検討されている場合、社会保険に加入できるかどうかという点も非常に重要です。正社員や契約社員などフルタイム勤務は当然ですが、パートやアルバイトといった働き方でも勤務日数や時間数によっては加入が認められているので、きちんと確認する必要があります。
働く場所に関しては、姉妹園などがある場合、移動の可能性があるのかということや、試用期間があるのか、ある場合はその期間の賃金がどうなっているのかなども確認しましょう。

************************************
保育補助の方、これから保育業界を目指したいという方など、今年こそは保育職デビューをしたい!という方は、保育One+(ワンプラス)保育業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
まずはお気軽にご登録・ご相談を!
保育One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499