保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】身近な便利アイテム「新聞紙」で遊ぼう

遊びに掃除に 大活躍な新聞紙

***未経験・無資格からの保育のお仕事探しなら保育One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

役保育職の皆さん、こんにちは!
突然ですが、雨天の日はもちろん、これからの暑い季節、異常な暑さの日には屋外にお出かけするのも非常に難しいと迷われることも多いのではないでしょうか。
そこで、今回は室内遊びにはもちろん、それ以外の場面でも大活躍のアイテム「新聞紙」を使ったお遊びアイデアをご紹介いたします。

【大きさを活かした工作遊び】
3歳以上の子供たちにおすすめなのが工作遊び。
材料としての新聞紙の魅力として、その「大きさ」はとっても魅力的な要素です。
普段折り紙で作っているものを正方形に整えた新聞紙で作るだけでも子供たちは大興奮!
クルクルと丸めてスティック状にしただけの棒も、子供たちにかかれば変幻自在。
新聞紙で作った兜とセットにして「ヒーローごっこ」してみたり、ちょっと長めのビニル紐やリボンをつけて「なんちゃって新体操選手」気分を味わってみたり、折り紙でアルミホイルで作った飾りを施して「魔法の杖」など、子供たちの想像力を掻き立てる工作アイテムです。
ぜひ自由に好きなものを作る楽しさを味合わせてあげてくださいね。

【大人も意外とハマるビリビリ遊び】
どの年齢層でも楽しめるのがビリビリと新聞紙をひたすら破くビリビリ遊び。
3歳以上の大きな子供たちであれば、だれが一番長く細く破けるか競争してみたりするのも楽しいです。
まだ自分で新聞紙を破けない小さな子供たちは、破いた後の新聞紙をフワッと宙に投げて遊ぶのも楽しいですね。
遊んだ後の新聞紙は、70Lなど大きめのビニール袋にたくさん詰めて大きなボールを作って遊んじゃいましょう!
このとき、袋の強度が弱いとすぐに破けてしまうので、強度の強い袋を用意するか袋を2重にするなどしてみてくださいね。

【誰が一番見つけられる?文字さがし】
年長児さんにおすすめなのが文字探し遊び。
二人一枚ずつ新聞を要したら、「あ」など探す文字を決めて一斉に新聞から文字を探し始めます。
文字を探したら○で囲んで数をカウント。
新聞紙の割り当てによって見つけやすいものや文字量などばらつきがあるのも面白いですし、お友達と協力して探していくことでゲーム性も増します。

************************************
保育補助の方、これから保育業界を目指したいという方など、今年こそは保育職デビューをしたい!という方は、保育One+(ワンプラス)保育業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
まずはお気軽にご登録・ご相談を!
保育One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499