BLOG LIST

保育士資格が取得しやすくなった?

保育士試験は、年二回の実施になり、保育士試験を受けるチャンスは増えました。
ただ保育士試験の合格率は、10-20%と、試験は難関です。
ちなみに、受験料は平成29年現在で「12,700円(税込)+250円(郵送料)=12,950円」となっています。

保育士試験では、8科目からなる筆記試験(マークシートの択一式)と、音楽表現に関する技術や造形、言語表現に関する技術などの3分野のうち、2分野を選択する実技試験の計9科目で出題され、両方に合格する必要があります。出題の6割超えに達すれば合格となります。

実技試験は「7月上旬、12月上旬」に行われ、実技試験に合格すれば晴れて保育士の資格を取得したこととなります。

また、不合格であったとしても筆記試験で合格した科目は3年間持ち越せるため、再チャレンジのチャンスが増えたという捉え方もできます。

保育士の活躍の場所は、保育園以外にも企業内保育をはじめ、託児施設や児童福祉施設など広がっています。保育士資格を取得するには通信の勉強数々あれど、それなりに勉強しなければ受かりません。計画性をたてて勉強をしないと、一発で合格することは稀のようです。

保育士不足から子育て支援員も国が新しく設けた制度で、20時間程度の研修を修了すると保育士施設などで保育士の補助をする仕事に就くことができます。

難関な保育士試験ではありますが、現場で保育士補助のお仕事をすることで、知識や技術も修得しやすくなります。

国家資格の保育士とは違い、研修で取得できるため、ご興味のある方はぜひご相談ください。様々な保育士のサポート業務をご案内しますよ。

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499

ご登録・お問合せはこちら