保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】お月さまをみよう

2021/9/16

感謝の気持ちを伝えよう

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

9月21日は十五夜です。子ども達に十五夜について伝えていきたいですね。
十五夜は「中秋の名月」と言われるように月がとてもきれいに見えます。この時期にお団子やこの時期にとれる野菜などをお供えして、食べ物に感謝するということもあるようです。

■食べ物に感謝を
保育園でも十五夜の日、その前後でおやつなどにお団子が出たり、サツマイモが出たり、そんな保育園もあるようです。子ども達に十五夜の話をしながら、食べ物に感謝することを伝えている保育園もあります。
ご飯を作ってくれるお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんへの感謝も同時に伝えている保育園もあるようです。

■お月さまの絵
十五夜お月さまの絵を書いたりする保育園もあるようです。子ども達の個性あふれるお月さまを保育園に飾り、お月見をしたり、十五夜の日に自宅に持って帰ってもらい、家でお月見を楽しんでもらったりしているようです。
お月さまにうさぎが住んでいるというお話をして、お月さまとうさぎの絵を書いたりもするようです。

■なぜお月さまにうさぎ?
小さい頃に「お月さまにうさぎがいるんだよ」と言われ、月を眺めたことはありますよね。なぜお月さまにうさぎがいるのでしょう。仏教の教えからきているともいわれています。

昔、仲良く暮らす、うさぎときつねとさるがいました。3匹は、「自分達が獣(けもの)の姿なのはなぜだろう?」「前世で何か悪いことをしたからではないだろうか?」「せめて今から人の役に立つことをしよう」ということを話し合っていました。
この話を聞いていた帝釈天(たいしゃくてん)は、何か良いことをさせてあげようと思い老人に姿を変えて3匹の前に現れます。何も知らない3匹は、目の前の疲れ果てた老人が「おなかがすいて動けない。何か食べ物を恵んでほしい。」と、話すと、やっと人の役に立つことができる!と喜んで老人のために食べ物を集めに行きました。
さるは木に登って木の実や果物を、きつねは魚を採ってきました。ところが、うさぎだけは一生懸命頑張っても何も持ってくることができませんでした。
うさぎは、「私には、食べ物を採る力がありません。どうぞ私を食べてください。」と言って火の中に飛び込み、自分の身を老人に捧げました。
これを見た老人は、すぐに帝釈天の姿に戻り「お前達の優しい気持ちはよくわかった。今度生まれ変わる時にはきっと人間にしよう。それにしても、うさぎには可愛そうなことをした。月の中にうさぎの姿を永遠に残してやろう。」と言いました。
こうして、月にはうさぎの姿が今でも残っているのです。

ちょっとこわい話の気もしますが、人の役に立つことをするということ、思いやりの心を持つということを伝えるお話ですね。
感謝の気持ち、思いやりの心、子ども達に伝えていきたいですね。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499