保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】おじいちゃんおばあちゃんありがとう

2021/9/9

敬老の日とは?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

コロナウイルス感染拡大の影響で、大好きなおじいちゃんおばあちゃんに会えない園児もいると思います。
大好きなおじいちゃん、おばあちゃんに園児の感謝の気持ちを伝えたいですね。

敬老の日の由来は、1947年より兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で始まった「としよりの日」だと言われています。「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」という主旨の敬老行事で、農閑期で気候も良い9月15日に村人が集まり、敬老会を行っていたと言います。
1951年には中央社会福祉審議会が9月15日を「としよりの日」と制定しました。その後“としより”という表現は良くないとの理由で1964年に「老人の日」と改称されます。そして1965年、「こどもの日や成人の日はあるのだから敬老の日も作るべき」という野間谷村の人々の働きかけによって、9月15日は「敬老の日」として新しい国民の祝日となりました。

■もらって嬉しいものは?
高齢者が、子どもや孫からもらって嬉しいものは何でしょう?数年前にデイサービスに通う高齢者約80名にアンケートを取ったことがあります(通う方の8割が女性だったので偏りはあるかもしれません)。
子どもからもらって嬉しいものランキングは、第1位:お花、第2位:外食、第3位:洋服など、でした。
お花と外食はほぼ同数で、できれば子ども全員が集まると嬉しいと言っている方もいました。

孫からもらって嬉しいものランキングは、第1位:お花、第2位:外食でした。
しかし、孫からもらって嬉しいもののアンケートになった時は、一人の利用者が「孫から何かもらおうとは思わないな。孫が顔を見せるだけで嬉しいよ。何か書かなきゃダメ?」と質問をすると、同じ意見が出て、その後、孫の話でしばらく盛り上がり、最終的にマルを付けたのがお花と外食が多かったというのが顛末です。正直アンケートとしては、あまり正確ではないかもしれません。
でもアンケートを実施して、やっぱり孫は本当にかわいいんだなと思いました。一人の方が「3歳までにすべてもらっているんだよ。だから何もいらないよ」と言っていたのも印象的でした。

■心に残るものを
コロナウイルスの影響で、遠くに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんとはなかなか会えないこともあると思います。オンラインで、という風潮もありますが、やっぱり直接会えたほうが良いですよね。
保育園でも敬老の日に合わせて、おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントを作ることもあると思います。なかなか会えないおじいちゃん、おばあちゃんに心に残るプレゼントをしたいですね。保育士さんがんばれ!!

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499