保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】保育士を増やす取り組み

2021/9/2

保育士の魅力は?

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

保育士は、将来を担う子どもたちの発達を促し、 子どもたちの日々の成長を実感できる、魅力のある仕事です。保育士の資格を取得して子どもたちの未来のために活躍しませんか。なんといっても、子ども達の成長にかかわることができることができる楽しさでしょう。子どもたちの言葉、豊かな感性などに触れると、子どもと関わる仕事の面白さを実感でき、保育士も思わず笑顔になります。
保育の専門家として子どもの成長を見守り育んでいけるのも魅力の一つです。ただ子ども達と過ごすのではなく、保育の専門家としての関わりはやりがいの一つとなります。
自分自身の成長をとても感じることができる仕事です。子どもや保護者、先輩保育士との関わりの中で自らの人間力にも磨きをかけていくことができます。

■保育士確保の取り組み
保育士はやりがいはあるが、給与が安い、業務負担が大きいなどという意見が出ていたことに対して、厚生労働省は保育士を確保するために、以下のような取り組みをしています。

(1)民間保育所で働く保育士の給与を改善
平成25年以降、約14%(月額約4万4千円)の給与の改善を行っています。さらに、技能・経験に応じて月額最大4万円の給与改善を行っています。

(2)勤務環境を改善、保育士が働きやすい職場に
保育士の業務負担を軽減するため、保育士の業務を補助する保育補助の雇用を支援しています。また、保育所でのICTの活用による書類作成業務の省力化を支援しています。

(3)保育士養成施設に通う学生に修学資金の貸付
貸付(月額5万円、最大120万円)を受けた都道府県の管内の保育所等で5年間の実務従事により、返済が免除されます。

■潜在保育士への支援
潜在保育士とは、保育士の資格を持っているものの、現在保育の仕事に就いていない人のことを指します。厚生労働省の調査によると、潜在保育士の人数は全国に約95万人いるといわれています。
このような潜在保育士の職場復帰を促すために、全国のハローワークと連携して、ハローワークにおける求人を増やしたり、自治体で合同就職説明会や復帰支援セミナーを開催したりしています。
また、職場環境の改善として、管理者を対象とした研修の実施や、保育所等と保育士・保育所支援センターとの連携を強化、保育所における雇用管理の好事例集や雇用管理マニュアルを作成して配布するなどの取り組みを行っています。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499