保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】てんかん発作

2021/8/26

原因と対処方法

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

保育園にもてんかんをもった園児がいると思います。てんかんのある人は100人に1人の割合でいると言われていますので、園児の中に1人~2人いてもめずらしいことではありません。

■てんかんの原因
てんかんは、細胞に流れる電気的な流れが、激しくなって起きます。原因は様々で、なぜ起こるのかわからないものもありますが、症候性てんかんと突発性てんかんとよばれるものが大きな2つです。
症候性てんかんは、生まれた時の仮死状態や低酸素、脳出血や脳梗塞の発症後など脳に何らかの障害や傷があることによって起きます。突発性てんかんは、さまざまな検査をしても異常が見つからない原因不明のものです。

■部分発作と全般発作
部分発作とは、脳のある部分から始まる発作です。脳のどの部分からおこるのかによって、発作のはじめの症状が決まります。さらに発作中の意識の状態とけいれんへの移行によって次のように分かれます
・意識が発作中に保たれている単純部分発作
・意識が障害される複雑部分発作
・部分発作から二次的に全般発作に進展するもの

全般発作は、発作のはじめから、左右の脳全体が「電気の嵐」に巻き込まれるもので、意識が最初からなくなるという特徴があります。

■てんかん発作に遭遇したら
てんかん発作そのものが命にかかわることはほぼありません。てんかんのある園児がいる場合は、発作が起きた時のために、
(1)気を落ち着かせ冷静に
(2)騒ぎ立てない
(3)すぐに救急車を呼ぶ必要はない
を心がけましょう。

■発作が起きたら
本人の安全を確保するために、次のことをしましょう。
(1)危険な物・場所の近くから遠ざける、
(2)けがをしないように気を配る
(3)衣服の襟元をゆるめベルトをはずす、
(4)眼鏡などをはずす
発作は止めようとして止まるものではありません。

次のようなことはしてはいけません。
(1)体をゆする
(2)大声をかける
(3)叩く
(4)押さえつける

■救急車を呼ぶ発作
以下のようなときは、救急車を要請しましょう。
・けいれんのあるなしに関わらず、意識の曇る発作が短い間隔で繰り返す
・発作と発作の間で意識が回復していない状態のまま繰り返す
・1回のけいれん発作が5分以上続き止まらない

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499