保育の派遣・転職のお役立ちコラム

【保育】ヘルプマークを知っていますか

2021/8/5

ヘルプマークとは

***未経験・無資格からの介護のお仕事探しなら 介護One+(ワンプラス)***
ご登録はコチラから

保育士さんから「ヘルプマークって知ってる?」と聞かれました。知ってますよ、と答えると、「園児でバックにつけてきた子がいて、私は初めて見て何だろう?って思って聞いたら、その子のお母さんが教えてくれた」とのことでした。さらに保護者の中にもつけている人がいると。保育園でも見かけるようになったヘルプマークを知っていますか?
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、東京都が作成したマークです。発達障害をはじめ、感覚過敏によってマスクの着用が困難な方も利用できます。

■街でみかけたら
・電車・バスの中で、席を譲るなどの配慮をしましょう。外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目でみられ、ストレスを受けることがあります。

・駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をしましょう。交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

・災害時は、安全に避難するための支援をしましょう。視覚や聴覚に障害があり、状況把握が難しい方、肢体に障害があり、自力での迅速な避難が困難な方など様々な方がいます。

■全国に普及
東京都で作成されたヘルプマークは、1都1道2府41県に普及されています。保育園でも日常的にみられようになるかもしれませんね。

************************************
これから介護業界を目指したいという方など、今年こそは介護職デビューをしたい!という方は、介護One+(ワンプラス)
介護業界に特化した専門のアドバイザーが、あなたの転職活動をサポートいたします!
介護One+(ワンプラス)コチラから登録を!

希望にぴったりの求人を担当アドバイザーがお探しします!0120-919-499